速いボール!だけ練習しても!試合!では通用しません!
edit 2022.03.28 cached 2022.04.20

野球心ベースボールクオーレ

 

速いボールだけ練習しても

試合では通用しません!

 

速いボールを練習することによって

どんなメリットがあるのか?

 

ゲームで速いボールが

遅く見えることにより

バッターボックス内で焦る事が

なくなり

気持ち的に余裕が生まれます。

 

速いボールを打つには

スイングスピードを速くしないと

打てません。

 

そのスピードに反応しようとすると

自然とスイングスピードが

速くなります!

 

めちゃめちゃええやん

 

そうなんです・いいことが

いっぱいあるのです

 

しかし

 

試合には変化球があります。

 

速いボールだけ練習している

チームは

 

遅いカーブやスライダーを

投げる投手に

打ちあぐむケースがあります。

 

どうして速いボールだけ

練習してもダメなのか?

 

バッティングフォームが、

確立している選手は、

速いストレートを練習すると

反応も良くなり

いいことずくめなのですが

 

まだバッティングフォームが

確立していない選手に

速いボールだけ練習させると

バッティングに必要な

間の部分が欠落します。

 

よくマシンは

めちゃめちゃ打つのに、

試合になると

打てない選手いると思います。

 

これは

間の部分や

タイミングの取り方がうまくいかず

捕手寄りの肩が先に出てしまい、

ドアスイングになっている選手です。

 

速いボールを打つには、

スイングスピードを

上げることは大切な部分ですが

 

早くボールに当てようとして、

軸足に体重がのる前に

前に突っ込み

打ってしまうケースが多いのです。

 

想像してください。

 

この速いボールだけ

イメージして

 

打ちにいった時

遅いカーブが来たら・・・

 

当然前に突っ込で打つか

空振りするか

力のない打球になることが多いのです。

 

ではどうすればいいのか?

 

まずやること

軸足に乗る動作を行います

(個人差あり)

次に

体重移動(股関節移動)

ここが重要なポイントです

この動作を簡単に行う練習法 

 

パート1 👈クリックしてください

パート2 👈クリックしてください

 

そこからの間の取り方

入射角

変化球にも対応できる体重移動

 

このような動作が出来るので

 

決して捕手寄りの肩が先に出る

ドアスイングにはなりません。

 

野球心の生徒や

兵庫夙川ボーイズの選手には

 

真っすぐタイミング・

変化球反応で

打つように伝えております。

 

野球心ボールで

この対応練習行っております。

 

野球心ボールお問い合わせ

クリックしてください

カテゴリー
この記事をシェアする
検索フォーム

プロフィール

水口栄二(みずぐち えいじ)

松山商業高校から早稲田大学人間科学部スポーツ科学科に進学。松山商で主将として1986年の夏の甲子園で準優勝に導く。この大会で、大会安打最多記録の19安打を記録。未だにこの記録は破られていない。早大では1年生のときから遊撃手のレギュラーを獲得し、4年生時には第80代主将としてチームを15シーズンぶりのリーグ優勝に導いた。

ドラフト2位で近鉄バファローズに入団。2007年の引退まで主に二塁手として活躍。2001年の大阪近鉄バファローズの12年ぶりのリーグ優勝では、不動の2番セカンドで貢献した。粘り強いバッティングが持ち味だが、僅差の2位で迎えた9月17日の対西武戦での松坂大輔からの決勝打や、同年の日本シリーズ第2戦の同点ホームランを放つなど、ここ一番に強いプレーを見せた。2006年に1500試合出場を達成。

引退後は打撃コーチとして、坂口智隆・T-岡田・バルディリスなど数々の選手をオリックス・バファローズに欠かせない戦力に成長させた。

コーチ退任後、有料会員制の野球教室「水口栄二の野球教室 野球心」を開講。少年野球チームや個人への出張指導、トレーニング器具開発にも乗り出している。

最近の投稿
カテゴリ一覧
アーカイブ

シェアする
トップへ戻る