野球心野球教室ブログ

新中学1年生

2014年4月7日 | 活動報告

野球心水口です

小学生の間 軟式を打っていた生徒が 硬式にどんどん移りだしました

タイガースジュニア  西ノ宮選抜代表 軟式世界大会の大阪代表4番

いろいろな生徒が硬式に移ってます

よく父兄の方に軟式 硬式どちらがいいか効かれるときがあります

私は どちらでもいいですよ とお答えします

彼らがいかに真剣に野球に取り込むことができるか

が大事なことです

私自身 中学は軟式野球でした   またちゃんとした野球は中学からでしたので

野球始めるに早い遅いは関係ない ただし中学からはかなり真剣に野球に取り組んでましたね

硬式 軟式どちらでも生徒さんのやる気次第ですと常に言っています

この映像は 4月から中学生になる小学6年生の時の 10月の映像です

バットを内からだすことを意識してます

<pre>

ここで一つ 試合でサードゴロ ショートゴロを常に打ってしまう打者

そういう打球は打ちたくないですよね そのような打球が出てしまう打者は

だいたい 捕手寄りの肩が先にでてしまいます そこからはスイングの修正は効きませんので

あてにいってしまう姿になります ではどうすればいいのか色々な練習方法がありますが

一つ わざと 練習でドアスイングでのサードゴロ ショートゴロを打ちます

ではその打ち方以外のスイングをするとどうなりますか 意識することにより

違った打球がでるはずです そこから いろいろ試行錯誤しながらバッティングする

このような簡単な練習方法もありますよね     ご参考にと思います

野球心では いかにドアスイング(捕手寄りの肩が出ないよう)にならないように色々な練習方法を

行いながら生徒たちが頑張ってやっております

過去記事一覧

カテゴリ

野球心ボール

スマホで野球心練習法を見ることができる! 野球心×LessonNote


水口栄二
(みずぐち えいじ)
松山商業高校、早稲田大学を経て近鉄バファローズに入団。2007年の引退まで主に二塁手として活躍。2001年の近鉄リーグ優勝では不動の2番打者で貢献し、同年の日本シリーズでは同点ホームランを放つ活躍を見せた。引退後は打撃コーチとして、坂口智隆・T-岡田・バルディリスなど数々の選手をオリックス・バファローズに欠かせない戦力に成長させた。
ページの先頭へ