野球心野球教室ブログ

野球心生徒 動画 バットの軌道

2014年4月27日 | 活動報告

野球心水口です

彼は 去年チームの大会が終了してから 野球心に来た中学3年生の生徒の動画です

最初の映像と 3月の映像見比べて頂いたら お分かりのとおり 構えてから

トップに入ってからのバットの起動が違っているのがお分かりになると思います

バットのヘッドが 右耳 右肩よりも下から 振りにいっております

これでは 速いボールの反応が困難になり 右肩が早く出ていってしまいます

2番目の映像は トップにはいってから 右肩あたりからバットがでてきて

そこから水平な軌道でスイングできているのがおわかりになりますか

これだとスイングバランスがよくなります これと 股関節移動が鍵ですね

つま先の方向もチェックしてください 左のつま先が 内側に入りすぎると
左股関節にのりずらくなり 上体だけでバットを振ってしまいがちになります

野球心では 股関節移動=スイングの速さを生徒に伝えております

私たちが見る動きと生徒が思い描いているイメージが違っているので

スロー動画を生徒にみせて説明しております

 

 

 

 

 

 

<pre>

<pre>

 

 

<pre>

 

過去記事一覧

カテゴリ

野球心ボール

スマホで野球心練習法を見ることができる! 野球心×LessonNote


水口栄二
(みずぐち えいじ)
松山商業高校、早稲田大学を経て近鉄バファローズに入団。2007年の引退まで主に二塁手として活躍。2001年の近鉄リーグ優勝では不動の2番打者で貢献し、同年の日本シリーズでは同点ホームランを放つ活躍を見せた。引退後は打撃コーチとして、坂口智隆・T-岡田・バルディリスなど数々の選手をオリックス・バファローズに欠かせない戦力に成長させた。
ページの先頭へ