野球心野球教室ブログ

野球心ボールの使い方いろいろできます。Part2 小学・中学野球

2021年12月1日 | 野球教室

野球心ベースボールクオーレ

前回は

高校生から上のレベルでの

野球心ボールの効果的な使い方を

ご説明しました。

 

小学生から中学生に関してはどうか?

【最初にやってもらいたいこと】

正しいスイング軌道を覚え

いい入射角を作ることです。

簡単そうで奥が深いポイントです。

 

この2つが、いいと

断然バッティングのレベルが上がります。

 

しかしどうやればいいのか?

 

今はネット社会なので調べれば

いい理論の動画はあると思います。

参考にして下さい。

 

野球心ではどうか?

 

野球心では水口代表始め

野球心のコーチが

最初に、いいスイング軌道

入射角とはどういう意味なのかを

説明します。

プロのコーチを含め

アマチュアのコーチも

この説明に苦労します。

比較的プロは出来てますが

分かってない選手も多いのが現状です。

 

野球心ボールを使っての実戦練習

動画参考にして下さい。

 

【正面打ち】

子供たちは正面打ちをすることにより

自然と入射角・スイング軌道を覚えます。

 

狭いスペースでできるので

効率的な練習法です。

 

ではどうやって打つのか?ちょっと説明します。

 

【基本動作】

アウトコース・アウトコース低めをライトに打つ

インコース・インコース低めをレフトに打つ

高めのボールに対してライナーを打つ。

 

これは普通の言葉です。

 

アウトコースの打ち方を

ここからちょっとかみ砕きます。

 

アウトコースは、

バットが体から離れる分

バットの重みと重力が

かかりプラス遠心力が入ります。

 

そうなるとバットの先も

地面の方向に下がろうとします。

 

バットの先が下がろうとしている状態で

スイング軌道を修正するときに

気をつけないといけないポイント

捕手寄りの肩を

無理やり力だけで上げて

バットの先を上げようとしてスイングすると

ドアスイングになり、

アウトコースを引っ掛けたり

バットの芯に当たらなかったりします。

 

アウトコース低めは、

もっと難しく

入射角をうまく使えないと

ライトにいい打球は打てません。

 

簡単に言うとこんな感じなのですが

頭で分かっていても

体がうまく使えるかは

実際にやってみないと理解できません。

 

最初は正面から近い距離を打ちます。

試合になると

この何倍ものスピードボールがきますので

最初の1歩として大事な練習です。

 

1歩目が

うまくいかないとうまく進めませんよね。

この動画のように始めればどうでしょうか。

 

自宅で秘密練習として

やっている生徒も多数います。

 

 

この練習は投げる方が勇気入ります。

野球心ボールお問い合わせ⇐

 

 

過去記事一覧

カテゴリ

野球心ボール

スマホで野球心練習法を見ることができる! 野球心×LessonNote


水口栄二
(みずぐち えいじ)
松山商業高校、早稲田大学を経て近鉄バファローズに入団。2007年の引退まで主に二塁手として活躍。2001年の近鉄リーグ優勝では不動の2番打者で貢献し、同年の日本シリーズでは同点ホームランを放つ活躍を見せた。引退後は打撃コーチとして、坂口智隆・T-岡田・バルディリスなど数々の選手をオリックス・バファローズに欠かせない戦力に成長させた。
ページの先頭へ