野球心野球教室ブログ

野球心生徒 バッティング体の開き解消法

2021年6月16日 | 野球教室

野球心水口です。

よくバッティングで

体が開いているという言葉耳にします。

 

体の開き?

 

その前に、硬式のボールって怖いですよね。

速いボールを投げてこられると

勝手に体が開いてしまう選手います。

 

体が開くということは

簡単に言うと

ステップしたときに投手寄りの肩も

同時に開いてしまってるということです。

 

そのために起こってしまうことは

野球心の生徒にはこう伝えてます。

 

投手寄りの足が地面に着いたとき

投手寄りの肩が開いていないと

OK。

 

2つの動画の投手寄りの足が

地面に着いたときの投手寄りの肩

下の動画見比べてください。

 

それでも開くという選手!

問題ありません。

 

結局

投手寄りの肩が開かなかったらいいのです。

 

プロ野球の大御所

落合選手や数々の有名な打者も

投手寄りの足は開いているのに

投手寄りの肩は開いてません。

 

ここが重要なポイントです。

参考にして下さい。

野球心野球教室は西宮市にあります。

野球心オンラインレッスン始まりました。

 

過去記事一覧

カテゴリ

野球心ボール

スマホで野球心練習法を見ることができる! 野球心×LessonNote


水口栄二
(みずぐち えいじ)
松山商業高校、早稲田大学を経て近鉄バファローズに入団。2007年の引退まで主に二塁手として活躍。2001年の近鉄リーグ優勝では不動の2番打者で貢献し、同年の日本シリーズでは同点ホームランを放つ活躍を見せた。引退後は打撃コーチとして、坂口智隆・T-岡田・バルディリスなど数々の選手をオリックス・バファローズに欠かせない戦力に成長させた。
ページの先頭へ