野球心野球教室ブログ

正面から投げて打つ練習の大切さ

2019年7月22日 | 活動報告

野球心水口です。

【スイング軌道】

バッティングでかなり大切な部分です。

 

現在

フライボール革命

バレルゾーンという言葉が出てきてます。

野球の分析・データーはすごいレベルまで

来てますよね。

 

トラックマンもすごい!

 

野球心では

こう考えていきます。

 

いいスイング軌道をしっかりマスターさせる。

試合で効果のある練習を行う。

 

では何を行えばいいのか?

この写真ご覧ください。

 

右打者ならファーストあたりからくるボールを

センターへ返すことになります。

 

これではバッティングの基本である

センター返し(スイング軌道インサイドアウト

をイメージしたものよりも、

打球を引っ張り込むという感じになってしまいます。

ドアスイングになる可能性があります。

 

 

正面からボールが来ると

インコースはレフト方向

アウトコースはライト方向

真ん中はセンター方向

このように打ち返すことで

自然と正しいスイング軌道に近づきます。

 

実際問題

近い距離で(5メートル)

正面から打つことは硬式・軟式ボールでは

危険が伴います。

 

野球心では、外では野球心ネットを使い

室内では5メートル間で正面打ちを行っております。

 

野球心内でも

このように子供が正面から野球心ボールを

コース別に打ってスイング軌道確認行っております。

 

 

【野球心ボール】

改善を行い、耐久性がアップしてきました。

 

野球心ボールのお問い合わせ先

野球心オンラインショップ

過去記事一覧

カテゴリ

野球心ボール

スマホで野球心練習法を見ることができる! 野球心×LessonNote


水口栄二
(みずぐち えいじ)
松山商業高校、早稲田大学を経て近鉄バファローズに入団。2007年の引退まで主に二塁手として活躍。2001年の近鉄リーグ優勝では不動の2番打者で貢献し、同年の日本シリーズでは同点ホームランを放つ活躍を見せた。引退後は打撃コーチとして、坂口智隆・T-岡田・バルディリスなど数々の選手をオリックス・バファローズに欠かせない戦力に成長させた。
ページの先頭へ