野球心野球教室ブログ

究極のストレート・変化球 バッティング反応練習

2016年11月11日 | 活動報告

野球心水口です。

プロ野球選手に限らず、いい打者はボールに対しての

反応がいいですよね。

プロ野球

選手時代・バッティングコーチ時代に

私が感じたこと。

 

1軍・2軍の投手の差は、投げるボールの質が違います。

 

野手の場合

期待している選手は

成績がもう一つでも、1軍で使い続ける場合があります。

 

なぜか

 

1軍の投手は、速いボール・鋭い変化球を投げ

なおかつ打者のタイミングをはずすことが出来ます。

2軍の投手は、このような投球を目指して日々練習に励みます。

しかし、なかなか1軍の投手のような質の高いボールは投げれません。

質の高いボールが投げれると1軍に行きます。

 

この質の高いボールを、経験するには1軍で実戦するしかありません。

しかし最初はなかなか打てないですよね。

公式戦ではリスクが伴います。

あとはどれだけ球団が我慢できるかですよね。

 

そこで

 

速いボール・鋭い変化球を体感できて

なおかつ反応ができるようになれば、いい打者の仲間入りが

できるのではないでしょうか!

 

究極のストレート・変化球反応練習大事になってきますよね。

このボールはかなり速いですよ。

一度野球心にきて体感して欲しいですね。

びっくりすると思います。

私も、元プロ野球投手ですが、このスピードと変化球には

驚いております。

 

 

 

 

 

 

 

 

過去記事一覧

カテゴリ

野球心ボール

スマホで野球心練習法を見ることができる! 野球心×LessonNote


水口栄二
(みずぐち えいじ)
松山商業高校、早稲田大学を経て近鉄バファローズに入団。2007年の引退まで主に二塁手として活躍。2001年の近鉄リーグ優勝では不動の2番打者で貢献し、同年の日本シリーズでは同点ホームランを放つ活躍を見せた。引退後は打撃コーチとして、坂口智隆・T-岡田・バルディリスなど数々の選手をオリックス・バファローズに欠かせない戦力に成長させた。
ページの先頭へ