野球心野球教室ブログ

ゲームでなぜ速いボール・鋭い変化球が打てないのか?

2016年10月5日 | 活動報告

野球心水口です。

この間のパリーグでのマジック1での大谷投手の

ピッチング

素晴らしかったですね。

特に、伸びのあるストレート・鋭いスライダー圧巻でした。

 

プロ野球選手でも、ボールとバットがインパクト時に

大きく離れるのを久しぶりに見ました。

 

アマチュアの試合でも、いい投手になると打ちあぐむことが多々あります。

 

なぜか?

 

答えは簡単です。

練習から、いい投手の球筋を見ることが出来ないので

試合で、ぶっつけ本番状態で、望まなくてはいけないません。

それでは、打てる確率は少なくなりますよね。

 

速いボール・鋭い変化球を練習で、体感して反応することが

出来れば試合でも自信を持ってバッターボックスに入れると思います。

 

ボールの待ち方は、基本的に速いボールに合わせて

変化球が来たら、一瞬止まってから打ちに行く

これは、みなさん知っていると思いますが

これを実際にプレーで行うことが、難しいのです。

 

野球心の生徒は、この反応練習を行っており

速いボール・鋭い変化球に反応出来ている生徒は

ゲームでは、ストレートが遅く見え、変化球のボール球が

止まることができている。

このように自信を持ってプレーしている生徒が増えております。

 

反応練習は大切な練習ですね。

 

野球心ボールのページ ←ここをクリックしてください

 

 

 

 

 

過去記事一覧

カテゴリ

野球心ボール

スマホで野球心練習法を見ることができる! 野球心×LessonNote


水口栄二
(みずぐち えいじ)
松山商業高校、早稲田大学を経て近鉄バファローズに入団。2007年の引退まで主に二塁手として活躍。2001年の近鉄リーグ優勝では不動の2番打者で貢献し、同年の日本シリーズでは同点ホームランを放つ活躍を見せた。引退後は打撃コーチとして、坂口智隆・T-岡田・バルディリスなど数々の選手をオリックス・バファローズに欠かせない戦力に成長させた。
ページの先頭へ