野球心野球教室ブログ

野球心ボールの特徴

2016年8月26日 | 活動報告

野球心水口です。

バッティングは、数多く打つこと、これは必要です。

 

軟式ボール・硬式ボールを使って数多くバッティングすることは

大切な練習です。

 

では、野球心ボールの特徴とは?

例えば

速いボールに振り遅れる。

スイングスピードが遅い。

変化球に対応できない。

空振りが多い。

これは、速さ・変化に対応出来ていないので

うまくいかないわけです。

 

この速さ、変化に対応することが出来たら

バッティングは簡単になります。

 

また、近い距離から打つ・捕るを判断することにより

ボールに対する反応が良くなります。

 

野球心ボールは、柔らかい素材なので

ボールへの恐怖心がなくなり

初心者でも、体の正面で捕ることが出来ます。

 

スローイング練習でも使用できます。

野球心ボールを使い

いい回転で投げることが出来る=いい腕の使い方を

覚えることが出来る。

 

 

今回は、中学3年生の野球心ボールでの

バッティング(実戦練習)動画です。

距離は、約6メートルぐらいです。

これくらい速いボールでも対応することが

できたら、いいですよね。

しかし、ストレートは速いですよ。

 

 

 

01b95ceb6dd46627024e4c541b183e1c3f16f48fe2

野球心ボールに関してはここをクリックしてください。

 

 

 

 

過去記事一覧

カテゴリ

野球心ボール

スマホで野球心練習法を見ることができる! 野球心×LessonNote


水口栄二
(みずぐち えいじ)
松山商業高校、早稲田大学を経て近鉄バファローズに入団。2007年の引退まで主に二塁手として活躍。2001年の近鉄リーグ優勝では不動の2番打者で貢献し、同年の日本シリーズでは同点ホームランを放つ活躍を見せた。引退後は打撃コーチとして、坂口智隆・T-岡田・バルディリスなど数々の選手をオリックス・バファローズに欠かせない戦力に成長させた。
ページの先頭へ