野球心野球教室ブログ

反復練習の大切さ

2016年4月28日 | 活動報告

 

反復練習の大切さ

 

野球に限らず、同じことを何回も繰り返すことは

非常に大切です

 

何事にも

 

あきる

 

この言葉、成長の妨げになりますよね。

しかし気持ちはわかります。

 

ここで、考え方を変えてください。

反復練習をする=いろいろなことが見えてくる

 

なんのこっちゃ

 

と思っている方いると思います。

 

例えば、下半身を使って打つ

これは、範囲が広すぎます。

 

ここで

 

足裏の動きから、考えてはどうでしょうか?

 

私は、バッティングを考えるとき

足裏から入りました。

 

この足裏だけでも、どのように動いたらいいのか?

打つ動作の最初の始まりが、足裏です。

 

足裏の動きを考えて反復練習をする

ここから色々なことが見えてきます。

 

例えば、足裏のどの指を動かしたら

内転筋に力が入るのか?

足裏を使ってのタイミングの取り方は?

どのように使ったら、力強いスイングができるのか?

 

考えるだけでも、かなりの時間がかかります。

 

ここで一つ

 

かなりの実績を持った

某プロ野球投手が、野球心に来てくれて

投げ方の考え方を、教えてくれました。

 

聞いているだけでも、びっくりの考え方。

 

水口さん

 

投げるときの軸足の立ち方で

足の裏のどの指に、力を入れますか?

 

私は、薬指に力を入れてたちます。

 

この言葉を聞いたとき、彼のすごさがわかりました。

 

いろいろ聞かせていただきましたが

また、いろいろな機会にお伝えさせていただきます。

 

さすが、沢村賞をとっただけのことはありますね。

 

野球心練習法ここをクリックしてください

 

 

 

 

 

 

 

 

「バッティング練習=ボールを打つこと」ではなく、ひたすらバットを振り込むことであり、楽しくない練習ほど、その重要度は上がっていくと主張しています。

過去記事一覧

カテゴリ

野球心ボール

スマホで野球心練習法を見ることができる! 野球心×LessonNote


水口栄二
(みずぐち えいじ)
松山商業高校、早稲田大学を経て近鉄バファローズに入団。2007年の引退まで主に二塁手として活躍。2001年の近鉄リーグ優勝では不動の2番打者で貢献し、同年の日本シリーズでは同点ホームランを放つ活躍を見せた。引退後は打撃コーチとして、坂口智隆・T-岡田・バルディリスなど数々の選手をオリックス・バファローズに欠かせない戦力に成長させた。
ページの先頭へ