野球心野球教室ブログ

野球は、タイミング 守備でもタイミング

2015年10月28日 | 活動報告

野球心水口です。

今回は、土曜日野球心チームの守備の練習動画です。

 

ご覧になって、お分かりになると思いますが

 

グラブではなく 板です。

 

 

この板が、いい取り方を自然に

サポートしてくれます。

 

色々な指導方法があると思いますが

例えば、素早く走って、前で捕球する。

体勢を低くして捕球する。

 

 

レベルを上げての練習になると、捕球するとき

衝突しないで、柔らかく捕る。

 

 

いい練習方法は、沢山ございますが

一番大切なことは、ボールを確実に捕ることです。

 

 

野球心チームの生徒たちは、野球を

野球心から始めた生徒が

多くいます。

 

守備では、腰を低く落とす、肘から先を柔らかく使う。

 

これらを中心に行っております。

 

 

多くのことを言ってしまうと、迷いが生じます。

 

 

この動画では、ボールを捕るタイミング

 

ボールが板に当たった瞬間に、腕を柔らかく使い

ボールを吸収しているイメージを持たせています。

 

IMG_1633

ボールを吸収して捕球ができる=タイミングのいい捕球練習です。

 

バッティングでもそうですが、いかにいいタイミングで

しっかりバットを振り切れるか。

 

守備でも、いかにいいタイミングでボールを捕球できるか。

いいタイミングで、捕ることが出来れば、おのずと

いい形になってきます。

 

この板

 

馬鹿にできませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去記事一覧

カテゴリ

野球心ボール

スマホで野球心練習法を見ることができる! 野球心×LessonNote


水口栄二
(みずぐち えいじ)
松山商業高校、早稲田大学を経て近鉄バファローズに入団。2007年の引退まで主に二塁手として活躍。2001年の近鉄リーグ優勝では不動の2番打者で貢献し、同年の日本シリーズでは同点ホームランを放つ活躍を見せた。引退後は打撃コーチとして、坂口智隆・T-岡田・バルディリスなど数々の選手をオリックス・バファローズに欠かせない戦力に成長させた。
ページの先頭へ