野球心野球教室ブログ

バットを立てる 最短距離  社会人動画

2015年8月5日 | 活動報告

野球心水口です

今回は 社会人で野球を行っている選手の動画をお伝えします

 

バットを立てながら打ちなさい

最短距離にバット出しなさい

 

このような言葉を耳にすると思います

 

この言葉

 

いざ バッティングで行おうとしても なかなか出来ません

どこが バットが立っているのか 最短距離に出ているのか

難しいですよね

 

これから動画お見せします

 

 

下の動画は

2014年7月10日の動画です

 

 

 

さすが社会人野球ですね

バッティングバランスはいいですよね

 

しかし バットの軌道

 

右肩とグリップの位置を見てください

 

ちょっと右肩の位置よりグリップが下がってますよね

この軌道であれば

どちらかというと

 

ボールをとらえたと思った打球が

 

ひっかけのサードゴロ ショートゴロになるケースが多いスイングです

 

下の動画は 最短距離とバットを立てる動作が出来つつありの動画です

 

 

トップの位置から グリップが右肩あたりから出ているのが分かると思います

 

最短距離を意識するためには 必要な動きですね

なかなか右肩あたりからグリップが出ていなかったのが

 

ある練習を何回も行ううちに 修正できてきました

 

 

昔からの癖というものは修正しずらいものですが

彼は 頑張って修正しましたね

 

あとはこの打ち方を癖にして ゲームでもこの形で打ってもらいたいですね

 

動画参考にしていただけたらと思います

 

右腰にぶら下げているタオル

夏場の暑さが分かりますよね

IMG_3571

ちなみにこれは私です

過去記事一覧

カテゴリ

野球心ボール

スマホで野球心練習法を見ることができる! 野球心×LessonNote


水口栄二
(みずぐち えいじ)
松山商業高校、早稲田大学を経て近鉄バファローズに入団。2007年の引退まで主に二塁手として活躍。2001年の近鉄リーグ優勝では不動の2番打者で貢献し、同年の日本シリーズでは同点ホームランを放つ活躍を見せた。引退後は打撃コーチとして、坂口智隆・T-岡田・バルディリスなど数々の選手をオリックス・バファローズに欠かせない戦力に成長させた。
ページの先頭へ