野球心野球教室ブログ

最短距離の必要性とスイングスピードアップするには? 

2015年6月17日 | 活動報告

野球心水口です

今回は力強さと最短距離についての動画です

 

ゲームでボールが遠くに飛ばないということを耳にすることがあります

野球の醍醐味

 

ホームラン

打ちたいですよね

 

 

遠くに飛ばすには何が必要か?

 

 

理にかなったフォームで打つことは必要ですが

 

その前に スイングスピードを速くする必要があります

 

スイングスピードアップには

 

以前もお伝えさせていただきましたが 全力の素振りしかありません

 

野球心で伝えていることは だらだらしたスイングを100回 200回行うよりは

50回を全力でスイングして これ以上振れないぐらい集中することのほうが

必ずスイングスピードアップできると伝えております

 

今回はもう一つ

最短距離の動画です

最初の動画は 構えて振りにいくときグリップが右耳から離れて

振りにいってます

スロー動画なのでわかりやすいと思います

 

これでは 緩いボールは打てますが 速いボールになるとなかなか難しいです

 

最初は去年の5月ごろの動画です

その下は今年の4月ごろの動画で

 

 

下の動画は スローではないのでわかりずらいかもしれませんが

 

バットが右耳あたりから出ているのが分かっていただける方もいらっしゃると思います

一流のプロ野球選手のバッティング練習 または試合見てください

 

必ず捕手よりの耳ちかくからバットが出ています

 

ちょっと難しいですが

 

バットが体の近くを通ることにより インパクト時に力が入りやすくなります

 

 

 

 

最短距離を通ることによるいい効果はたくさんあげられますが

まずは やってみてください

 

何か変わると思います

unnamed

 

 

過去記事一覧

カテゴリ

野球心ボール

スマホで野球心練習法を見ることができる! 野球心×LessonNote


水口栄二
(みずぐち えいじ)
松山商業高校、早稲田大学を経て近鉄バファローズに入団。2007年の引退まで主に二塁手として活躍。2001年の近鉄リーグ優勝では不動の2番打者で貢献し、同年の日本シリーズでは同点ホームランを放つ活躍を見せた。引退後は打撃コーチとして、坂口智隆・T-岡田・バルディリスなど数々の選手をオリックス・バファローズに欠かせない戦力に成長させた。
ページの先頭へ