野球心野球教室ブログ

日常のちょっとした意識で変わった中学生動画

2014年12月26日 | 活動報告

野球心

水口です

 

子供は驚くほど成長しますね

 

この生徒は 1年間 いろいろな宿題を出して 頑張ってきた一人です

 

最初の頃は中学1年生 うまくなりたいという気持ちいっぱいにバッティングに取り組んでいます

 

最初の映像と後の映像

 

体の軸  体幹を使って打てているか 打てていないか

 

一目瞭然ですね

 

小学1年でも 体の軸がしっかりしている選手と ふにゃふにゃしている選手がいます

 

そこで 体の軸 と  構え

 

 

この構え

 

選手によっていろいろ構え方がありますが

 

 

野球心ではいろいろな方法で構え方を伝えていますが

 

ここで1つ

 

姿勢

 

日常生活において

 

猫背になっている選手

 

 

姿勢を正しくしましょう

 

 

常に胸を張って 背中をピンとしていると

 

おのずとバッティングの構えも変わってきますよ

 

日常のちょっとの意識で

 

野球のプレーも変わってきますね

 

 

1流のプロスポーツ選手は

 

誰一人として 猫背の選手はいませんよんね

 

表彰台に立ってメダルをかけてもらっている選手

 

いい姿勢してますよね

 

 

 

動画の生徒は

 

かなり右手の使い方を練習しました

 

それにより バットの芯の出し方 ヘッドの走らせ方

 

ちょっとわかってきたかな?

 

しかしまだまだ 上を目指している W君

 

頑張って

 

 

 

 

この動画はそれから1年後です

過去記事一覧

カテゴリ

野球心ボール

スマホで野球心練習法を見ることができる! 野球心×LessonNote


水口栄二
(みずぐち えいじ)
松山商業高校、早稲田大学を経て近鉄バファローズに入団。2007年の引退まで主に二塁手として活躍。2001年の近鉄リーグ優勝では不動の2番打者で貢献し、同年の日本シリーズでは同点ホームランを放つ活躍を見せた。引退後は打撃コーチとして、坂口智隆・T-岡田・バルディリスなど数々の選手をオリックス・バファローズに欠かせない戦力に成長させた。
ページの先頭へ