野球心野球教室ブログ

バットのヘッドを立てる

2014年9月24日 | 活動報告

野球心水口です

バットのヘッドたてる動作

簡単そうで難しいのです

 

野球心の生徒には      小学生低学年にも

 

野球心の

バッティングの仕組みを 伝えています

 

そんな低学年に

 

教えて  どうすんねん

思われる方  いますよね

 

 

しかし

 

学校は 小学生であれば 算数 国語 理科など  低学年から ちょっとずつ勉強します

 

 

野球でも 低学年から

ちょっとずつ バッティングの仕組みが 分かれば

 

野球も面白くなり

興味を持ちだします

 

実際

 

小学1年 2年  3年生たちに    根気よく伝えていると

マシンでバッティングで   フライを打ち上げた時

 

どんな形で当たった?

 

聞くと?

 

 

バットのヘッドが下がったーーー     と

大きな声で  残念がります

 

この一言

 

大きな収穫です

 

じゃーどうすればいいと聞くと真剣な顔で

バットのヘッドを立てる動作をします

 

しかし

この動作

 

なかなかできません

 

プロでも  もがきながら 悩みながら      ヘッドを立てる練習しています

 

バッティング練習で

 

 

       こすった打球が出た時

 

要注意ですね

 

ここで1つ

 

どんな形でもいいから

 

一度 当たった瞬間 バットのヘッドをたてる 意識

 

もったら どうでしょうか

 

野球心でも  バットのヘッドをたてることを

オリジナルの練習で行っております

 

一つ紹介します

出来そうで  できない練習です

チャレンジしてはどうでしょうか

 

 

過去記事一覧

カテゴリ

野球心ボール

スマホで野球心練習法を見ることができる! 野球心×LessonNote


水口栄二
(みずぐち えいじ)
松山商業高校、早稲田大学を経て近鉄バファローズに入団。2007年の引退まで主に二塁手として活躍。2001年の近鉄リーグ優勝では不動の2番打者で貢献し、同年の日本シリーズでは同点ホームランを放つ活躍を見せた。引退後は打撃コーチとして、坂口智隆・T-岡田・バルディリスなど数々の選手をオリックス・バファローズに欠かせない戦力に成長させた。
ページの先頭へ