変わった練習器具
edit 2014.05.19

野球心水口です
本日は 変わった練習器具を紹介します
バッティングで大切な一つに 下半身の強さがあげられます
しかし何を気をつけてやればいいのか ?ですよね

一つに 昔の人達は 裸足で畳の上で スイングをしていました
足の裏で 地面をつかむ そしてスイングする
何でもない練習方法じゃないのかと思う方もいるかもしれませんが
この 足の裏で大地をつかむ 非常に大切な動きです

野球心では 大木を使って 股関節の使い方と強さのトレーニングをしています

20140519-142421.jpg

20140519-142431.jpg

20140519-142454.jpg

思いっきり振ったら 落ちてしまう これを落ちないように下半身を使う
生徒たちも頑張っています 何か不安定な上でスイングする 大切な練習です

カテゴリー
この記事をシェアする
検索フォーム

プロフィール

水口栄二(みずぐち えいじ)

松山商業高校から早稲田大学人間科学部スポーツ科学科に進学。松山商で主将として1986年の夏の甲子園で準優勝に導く。この大会で、大会安打最多記録の19安打を記録。未だにこの記録は破られていない。早大では1年生のときから遊撃手のレギュラーを獲得し、4年生時には第80代主将としてチームを15シーズンぶりのリーグ優勝に導いた。

ドラフト2位で近鉄バファローズに入団。2007年の引退まで主に二塁手として活躍。2001年の大阪近鉄バファローズの12年ぶりのリーグ優勝では、不動の2番セカンドで貢献した。粘り強いバッティングが持ち味だが、僅差の2位で迎えた9月17日の対西武戦での松坂大輔からの決勝打や、同年の日本シリーズ第2戦の同点ホームランを放つなど、ここ一番に強いプレーを見せた。2006年に1500試合出場を達成。

引退後は打撃コーチとして、坂口智隆・T-岡田・バルディリスなど数々の選手をオリックス・バファローズに欠かせない戦力に成長させた。

コーチ退任後、有料会員制の野球教室「水口栄二の野球教室 野球心」を開講。少年野球チームや個人への出張指導、トレーニング器具開発にも乗り出している。

最近の投稿
カテゴリ一覧
アーカイブ

シェアする
トップへ戻る